2014年08月03日

スルッとKANSAI 3dayチケットの旅

今年の夏は関西に注目しよう、ということで、
「スルッとKANSAI 3dayチケット」を使った旅行をしております。
1回目は比叡山、2回目は高野山に行きました。
詳しくは
http://hinokio.net/w2ryokou/index.html
をご覧ください。

ハイライトでそれぞれ1枚ずつ。
まず比叡山に行く前に立ち寄った浜大津で。
20140803-1.jpg
4両編成が道路を走っています。

続いて高野山に行く前に乗った南海の「天空」
20140803-3.jpg
もう5周年だそうですが、人生初で乗れました。空席があったので、当日券で乗れました。

最後はスルッとKANSAIに関係ありませんが、呉を訪れたので、千福のギャラリーへ。
20140803-2.jpg
ソフトクリームとプリンをいただきました。おいしかったです。

というわけで、3週間で、比叡山と呉と高野山に行きました。
この後は奈良と駒ヶ根とビール工場2か所に行く予定です。
仕事も大変ですが、こまごまとした旅行で乗り切りたいと思います。

最後に、昨年の「二流書店」でご紹介した本の著者、
未来工業創業者の山田昭男さんが亡くなりました。
社員のやる気を引き出すために、さまざまなアイデアで好業績を残したというすばらしいお方でした。
講演会でお話を聞きたかったです。
ご冥福をお祈りいたします。
posted by s-hinokio at 23:30| Comment(0) | 旅行

2014年01月19日

日帰り広島

昨日は親戚に会いに、広島の呉に行きました。
新幹線が速いおかげで、約6時間滞在できました。
往路は西明石駅から1日2本しかない速いタイプの「ひかり」に乗り、10時に広島へ。
スターバックスでコーヒーを飲んで、30分に1本しかない呉線で呉へ向かいました。
呉では行く店どこも満席で昼ごはんが取れないかも、と思いましたが、
おいしい昼ごはんが食べられました。

帰りは広島で夕食を調達しようとしましたが、
夜7時で遅かったので、ほとんどの駅弁が売り切れでした。
きっちり同じスターバックスでコーヒーを頼み、2杯目なので100円で買えました。
広島から「のぞみ」で姫路まで59分でした。
値段は高いですが、速すぎてすばらしかったです。新幹線。

今回は西明石〜広島(自由席用)の6枚つづりの回数券を使いました。
1枚当たりで、約500円節約できました。
3人で往復したので、1日ですべて使い切れたのでよかったです。
posted by s-hinokio at 19:29| Comment(0) | 旅行

2013年09月01日

おわら風の盆

今日は9月1日です。
9月といえば、日本でもかなり知名度の高いお祭り
「おわら風の盆」が開催されます。
曜日に関係なく、毎年9月1日〜3日に開催されます。

実は昨年行って、旅行記も書いたのですが、
写真が多すぎて、いまだにこちらのサーバーに移行できておりません。
申し訳ございません。

「おわら風の盆」は富山県の越中八尾(やつお)で開催されます。
昼から夜にかけて胡弓の音色に合わせて、優美な踊りが各地で見られます。
ただ、土日に重ならない年もあり、
また、悪天候の場合は中止(楽器に影響が出るため?)になるという、
非常に訪問が難しいお祭りでもあります。
今年も天気が悪いなあ。2012年も小雨でしたが。

まず行き方ですが、富山駅から高山本線に乗るのが一番簡単です。
ローカル線ですが、祭りに合わせて行き帰りの時間帯には増発されます。
越中八尾から歩いて行ける距離の街中で
突発的に踊りが行われます。
踊りが始まると、人だかりができるので、すぐにわかります。
昼間はそんな感じです。

夜ですが、小学校のグラウンドで椅子に座って、
5〜6の町が一度に踊りを披露してくれるイベントが開催されます。
指定席3,500円、自由席2,000円でそれぞれお金はかかりますが、
こちらは確実に2時間たっぷりと鑑賞できるのでおすすめです。
ただ、雨が降っても傘はさせません。
後ろから見ているお客さんの邪魔になるからです。
この辺は本当に運しだいです。

この小学校のイベントは夜9時すぎまで続きます。
一応、それが終わっても富山駅には帰れますが、
列車を数本待つのは覚悟しておきましょう。
なお、真夜中に臨時特急「ひだ」が越中八尾発高山行が運転されますが、
この特急、去年は混雑率が低かったです。
これに乗って、翌日は高山観光、というのがおすすめです。

というわけで、おわら風の盆の体験記でした。
この「おわら風の盆」、国内旅行業務取扱者の試験でなぜか出題率が高いのです。
盆なのに9月、地域は富山県ということで、いい問題なのかもしれません。
posted by s-hinokio at 13:46| Comment(0) | 旅行